×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

▼拝啓 東国原宮崎県知事様

拝啓 東国原宮崎県知事様。

ごくろうさまです。就任直後の鳥インフルエンザから始まり、振り返ってみればいろんなことがありましたね。天晴れです。ファンの一人として、時には笑い、時には、ひやひやしながらも政治家東国原英夫の奮闘ぶりをたっぷり拝見させていただきました。「宮崎をどげんかせんといかん!」。東国原知事のその情熱と行動力にはいたく恐れ入った次第であります。そのまんま日記

しかしながら、宮崎県。課題は依然として山積の状態。真価の問われる正念場であることも確かですね。そこで、東国原知事。今日は、東国原宮崎県知事にご提案があります。宮崎を120%どげんかしちゃう方法。誠に恐縮ではございますが、宮崎県をさらに発展させる奥の手をお届しちゃいます。まずは、東国原知事が推進する企業誘致からいきましょう。

これまで、東国原知事のトップセールスは、企業誘致でも発揮されてきましたね。しかし、大企業の工場を税制上の優遇策で誘致する・・・とはよくある方法。東国原知事たるお方が、他県と同じ作戦とはいかがなものかと存じあげるワケです。大企業を誘致するのもいいのですが、宮崎県の利点をさらに活かした方法もあるはず。そこで、農林水産業にグッとフォーカスしてみました。さて、これまでの東国原知事のトップセールスは、他の46都道府県知事もアッと驚く激的な効果を上げてまいりました。

▼東国原宮崎県知事にご提案です!

だって、ほんの1年前までは、デパートの物産展といえば、舞妓さんが京舞を披露する京都展とか、北海の珍味これでもかの北海道展が単独都道府県で集客可能なイベントの常識でしたから。そこに宮崎県が割って入ったのですからたいしたもの。日本中の百貨店のバイヤーが宮崎詣ですよ。

日本一の牛「宮崎牛」をはじめ、すでに地域団体商標を登録した「宮崎ハーブ牛」「宮崎の本格焼酎」「北浦灘アジ」。そして、たいへんな話題となった完熟マンゴー「太陽のたまご」や、宮崎地鶏の「じとっこ」。エビちゃん伊勢海老も宮崎うなぎも、知事の好物「切り干し大根」に至るまで、一躍キラ星のごとく全国区への階段を登りつめた宮崎県産品は数多くありますよね。どうですか。農林水産業は宮崎の宝。あえて大企業に頼まず、この自慢の農林水産業をさらに伸ばすことで宮崎県勢の高揚を図ることができるはずなんです。

今回は、林業にスポットライトを当ててみました。今や衰退の一途をたどる林業では、植林された森でさえ守りをする者が激減し、間引きすることもままならない状態です。そこで、間伐材を利用して、「割り箸」を作っちゃいましょう。「みやざき割り箸」とか「そのまんまお箸」とかネーミングすれば面白いですよね。で、林業組合や事業協同組合で割り箸を製造する共同工場を建てるワケですよ。これが、「割り箸工場誘致」。

▼東国原宮崎県知事!ご決断を

大企業を誘致するほどの雇用効果は見込まれません。働く側も過大な収入を期待できないかもしれません。しかしながら、現下の宮崎県は、東国原知事のお言葉どおり「県民総力戦」であります。東国原知事が先頭に立ち、働き続けたいという団塊世代も、ひきこもりニートも、大森うたえもんさんも、まず汗をかいて森を守り、間伐し、木を運び出して割り箸を作るのです。

さて、作った割り箸はどこに売るのか・・・。いいところに気が付きましたね!それはファミマ・・・。2007年夏、宮崎フェアを展開してくれたファミリーマートであります。例えば、ファミマで販売するお弁当に付いているお箸はすべて「みやざき割り箸」とか「そのまんまお箸」。その箸の100本中1本には、東国原知事のイラストの焼印が入っていて、それが出てきたら大当たり。常時宮崎アイテムを置いてもらい、当たりが出たら「東国原切干大根」をプレゼント・・・なんてのはいかがでしょう。また、このお箸はプレミアム。ファミマでなければ入手できないとなれば、大変な希少価値となること受けあいです。

地球温暖化にも貢献できる「みやざき割り箸」は、我が国の産業政策の星として後世に語り継がれることでありましょう。さらには、国際社会に対しても自然の恵みに育まれた宮崎の地を大いにアピールすることとなるでしょう。東国原知事、ご決断を! <つづく>

人生を劇的に変える 東国原式勉強法/東国原英夫(ひがしこくばる・ひでお)
では、40代の私は何をしたか。それは、生活を改め、勉強に取り組んだのです。ただ、それだけのことです。本書には、私の「勉強した」経験が書いてあります。どん底のスタートから、どのように自分を改革してきたのか。どのような気持で勉強に取り組んできたのか。宮崎県知事になってからはどのような勉強をしているのか。メモ魔と言われる私のメモの取り方はどういうものなのか…。
私は別に自分の自慢話、苦労話をこの本で語っているわけではありません。私が言いたいのは、その気になれば人間はなんでもできる。何歳からでも人生を変えることができるということなのです。
【予約】 人生を劇的に変える 東国原式勉強法

Copyright © 2008 東国原宮崎県知事にご提案!宮崎を120%どげんかしちゃう方法 -その1-